医療の事務の仕事の内容について

医療

医療の事務の仕事の内容について

医療関係の職業といえば、医者ナースというイメージが強いのではないでしょうか。
しかしそれ以外の働き方もあります。
その一つが医療事務です。
受付に座っているだけなので、一見華やかで楽そうに見えますが、やることは多岐に渡っているということは頭に置いておくようにしましょう。
まずはレセプトの作成をしなくてはなりません。
レセプトとは診療報酬明細書のことでたり、診察代などの医療費を役所等に請求するための書類のことを指しています。
病院で保険証を提示すると私たちが支払う医療費は3割だったり2割だったりで、残りの医療費は加入している組合や市区町村などに払ってもらうことになります。
これを払ってもらうことで病院の収入になるので、かなり重要なものとなっています。
一般企業でいう経理と同じような業務であり、ミスが許されない重要なものとなっています。
多少の知識は必要となってきますが、ややこしい計算などほとんどパソコンの専用ソフトが行うので心配はいりません。

お知らせ

一覧

高収入の医療関係の仕事を探すコツ

医療の事務の仕事の内容について

女性に人気の医療関係の仕事とは

医療事務と受付の仕事内容について